Just another WordPress site

効果的なデザイン

パンフレット作成のための効果的なデザイン

パンフレット作成のためには効果的なデザインをする必要があります。パンフレット作成は目的を持ってなされますが、その目的を達成するためにはデザインが決め手になります。デザインは斬新さを求めるのではなく、必要な部分をシンプルに作ることが大切です。パンフレット作成においては文字を効果的に使用することが大切です。

文字にはいろいろなフォントがあり、どのフォントを使うかで見る人の感じ方が異なります。ゴシック体は形式的であらたまったイメージを抱かせ、明朝体は日常的なイメージを抱かせます。文字と文章のレイアウトは重要で、効果的な配置が必要です。文章の中で目立たせるところは大きな文字を使い、さほど重要でない文章は小さな文字を用います。ハンフレット作成は文字と文章のレイアウトだけで、デザインの主要な部分が決まります。着色は多くても3色ほどに留め、同系色か補色でまとめるのが無難です。

色の3要素である色合い・彩度・明度のうち、彩度と明度を合わせたものをトーンと呼びます。パンフレット作成では全体のトーンを同一にすると、調和の取れたデザインとなります。イラストは適宜、必要な部分に入れるとアクセントとして効果的です。写真が必要な場合は解像度に注意が必要です。写真は一定の大きさを想定した解像度を持っていて、それ以上に引き伸ばして使うと、ぼやけた感じになります。パンフレットの作成では最初のレイアウトが大切です。人の目の動きは上から下へ移り、右から左へ流れます。

人の目の特性に合わせて、文字や写真・イラスト等を重要度に応じて配置します。パンフレット作成ではソフト上で見たイメージと、実際に印刷した場合のイメージが異なる場合があるので注意が必要です。適宜プリントアウトして、イメージと相違がないかを確認することが大切です。パンフレットを見せる対象者の年齢に応じた構成にすることも大切です。子供用の場合は、なるべく原色に近い色を用います。高齢者が見る必要のあるパンフレットは文字を大きめにする配慮が必要です。

中年女性に向けたパンフレットは、対象者の実年齢よりもかわいらしい構成にすると喜ばれます。パンフレットは印刷を考慮して作成する必要があります。自宅のプリンターならさほど問題は起きなくても、印刷会社に依頼する場合は、その会社の指定する仕様のデータを持ち込まなければなりません。ファイル形式やトンボの作成など、印刷会社の要望を聞いてから作成する必要があります。