Just another WordPress site

付加価値について

パンフレット作成における付加価値について

パンフレットとカタログの違いが何処に在るのかと言った問題に直面する人もいますが、
厳密な違いと言うものは無いものの、パンフレットは電化製品や携帯電話などの商品案内、ホテルや旅館、税務署や区役所などの施設案内、マンションの分譲に利用される冊子や旅行会社のツアー旅行案内、映画の宣伝などに利用される冊子と言った、主に説明を行う時に利用される冊子で有り、説明は主に文章で行われ、文章だけでは意味が伝わり難い場合や、補足して文章を補いたい時などは写真やイラストなどを利用してパンフレットの内容についての紹介や説明を行うと言った役割が在ります。

これに対し、カタログは製品などの写真を活用して商品のアピールや特徴、魅力などを見る人に伝えるためのツールであり、カタログの場合はパンフレットと比較をすると文章の量が少なめになっているなど、パンフレットは読んで理解をする冊子、カタログは写真などを見て商品の概要等を捉えたい時に利用される印刷物になります。

パンフレット作成を行う時には、パンフレットには色々な表現方法が在り、付加価値を付けることで表現力を高める効果が期待され、更にパンフレットを読む側に対しての理解力を高められると言った効果を期待する事が出来るのが特徴です。

付加価値と言うのは原状の事に対し、在る事を追加する事で目的を達成し易くすると言ったメリットが有ります。
例えば、パンフレット作成を行っている中で、文章を書いているけれども、自分ではよく理解をしていても、説明が難しいので中々文章を書き上げることが出来ないケースが有ります。
このような時に、イラストなどを利用して絵を見て貰って文章をより理解し易くさせると言った付加価値を付けることがパンフレット作成には在ります。

また、パンフレット作成を行う時に忘れてはいけない事は、パンフレットは説明を行う印刷物であり、読む人がどのような人でも理解し易い内容にする事が大切だと言うことです。

文章だけでは十分な説明が出来ない、読んだ人が理解出来ない、もしくは混乱を招く恐れがある場合など、イラスト、写真と言った目で見て判断を行うことが出来る付加価値を付けてあげることで、より理解力を高めることが出来るパンフレット作成を行うことが出来ます。

また、パンフレットは顧客に対して渡す事で後から好きな時にいつでもパンフレットを見る事が出来ると言った価値も有ります。
そのため、パンフレットには営業ツールとしての役割も有ります。